落ち度/おちど

落ち度の意味

落ち度とは、あやまち。手落ち。失敗。過失。落度。

落ち度の由来・語源

落ち度は、本来「越度」と書いて「ヲツド」と言った。
「度」は「法」を意味し、「越度」は法を越えることで、主に関所の法を破ることを表した。
中世頃に「ヲチド」とも読むようになり、その頃から、法以外にも一般的な過ちをさす言葉として用いられるようになった。
その後、「手落ち」などの類推から「落ち度(落度)」と表記されるようになった。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。