紅葉狩り/もみじがり

紅葉狩りの意味

紅葉狩りとは、紅葉を見に山野へ出かけること。

紅葉狩りの由来・語源

紅葉狩りの「狩り」は、を捕まえる意味で使われていたが、野鳥や小動物を捕まえる意味に広がり、さらに果物などを採る意味にも使われるようになった。
果物を採る意味では、現在でも「いちご狩り」や「ぶどう狩り」などに使われている。
やがて「狩り」は草花を眺めたりする意味にも使われ、「紅葉狩り」と言うようになった。
「狩り」が草花を眺める意味になった由来は、狩猟をしない貴族が現れ、自然を愛でることを例えたとする説もあるが、紅葉(草花)をに取り眺めたことからと考えられる。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。