犬兎の争い/けんとのあらそい

犬兎の争いの意味

犬兎の争いとは、両者が争って共に弱り、第三者に利益を横取りされることのたとえ。

犬兎の争いの由来・語源

犬兎の争いの出典は、『戦国策(斉策)』の寓話。
とてもの早いが、すばしっこいウサギを追いかけまわした。
山を何度も駆け登ったため、犬もウサギも力尽きて倒れた。
そこに通りかかった農夫は何の苦労もせず、獲物を独り占めすることができた。
この寓話から、共に争い共に倒れ、第三者に利益を奪われることを「犬兎の争い」と言うようになった。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。