就中/なかんずく

なかんずくの意味

なかんずくとは、その中でも。とりわけ。特に。

なかんずくの由来・語源

なかんずくは、「就中」を漢文訓読した「なかにつく(中に就く)」が音便で「なかんづく」になり、「づ」と「ず」の混同から「なかんずく」となった語。
古くは、「なかについて」の形も見られ、「なかにつく」とどちらが先に用いられていたものかは定かでない。
なお、漢文訓読した「なかにつく」の語構成から、なかんずくに「とりわけ」の意味が生じたわけではなく、元々、漢語の「就中」は「とりわけ」を意味する言葉である。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。