寡/寡婦/鰥夫/やもめ

    意味

    やもめとは、のいない。夫を失った女。未亡人。後家。女やもめ。のいない。妻を失った男。男やもめ。やもお。

    やもめの語源・由来

    本来、やもめは独り身の女性を指す言葉で、男性は「やもお」と呼ばれていた。
    「やもめ」の「め」は「女」、「やもお」の「お」は「男」の意味である。
    「やも」の語源には、「止む」や「病む」の意味、「夜間守」の意味などあるが、独りを守る意味で「屋守(屋守り女・屋守り男)」が妥当であろう。
    古く「やもめ」は「やまめ」とも言い、ヤマメは群れをなさないことから、魚のヤモメを語源とする説もある。
    しかし、「やもお」の語が考慮されていないことや、ヤマメ以外にも群れをなさない魚がいることから考えがたい。
    男性に「やもめ」が用いられるようになったのは、平安時代と古く、男女を区別して用いる際は、「男やもめ」や「女やもめ」と言うようになった。
    現代では特に男性に対して用い、「男やもめに蛆がわき、女やもめに花が咲く」の句も、「男やもめに蛆がわく」までで略されることが多い。
    古くは未婚者のことも「やもめ」と言ったが、現代では主に配偶者と別れたに対して使われる。
    やもめの漢字は、女性には「寡」「寡婦」「孀」、男性には「鰥」「鰥夫」が用いられる。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。