カッパ/合羽/capa

意味

カッパとは、雨天の外出に着るマント状の雨具。レインコート。雨合羽。→かっぱ(妖怪)

カッパの由来・語源

カッパは、ポルトガル語「capa」からの外来語で、漢字の「合羽」や「雨合羽」は、江戸時代から使われ始めた当て字である。
16世紀頃、日本に来航したポルトガル人によってラシャ製の「capa」が伝えられ、外衣として珍重されていた。
カッパは厚手で防水性もあるため、雨具としても使われるようになった。
明治以降、防寒具として用いるものが「マント」と呼ばれるようになったため、雨具として用いるものを「カッパ」と呼ぶようになった。

「カッパ」の別名・類語

1

2

TOP