蓑/簑/みの

蓑の意味

蓑とは、茅(かや)・菅(すげ)のや茎、藁(わら)などで編んだ、肩からかけて着る雨具。

蓑の由来・語源

「みの」の「み」はの「身」と思われるが、「の」については特定が難しい。
代表的な語源説には、「ミニ(身担)」や「ミニ(身荷)」「ミヌ(身布)」の転、「ミニナフ(身荷)」や「ミオホ(身覆)」の意味、「ミノカサ(身笠)」の下略などある。
「み」を「身」の意味としない説には、蓑を着た姿と巻貝のカワニナの形がよく似ていることから、カワニナの別名「ニナ」の古名「ミナ」を語源とする説もある。

カワニナ

蓑の語源かもしれない「カワニナ」

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。