ソバノキ/そばの木/蕎麦の木/稜の木/そばのき

意味

そばの木とは、ブナの古名。カナメモチ(アカメモチ)の古名。

そばの木の語源・由来

「そば(稜)」は「とがった所」「物の角」を表す言葉で、に尖った部分があることから「そばの木」の名が付いた。
ソバに似たが咲くなので「そばの木」になったともいわれるが、ブナの実を「そばぐり」と呼び、そばぐりは「稜」が語源となっていることからこの説は考え難く、漢字表記も「蕎麦の木」より「稜の木」の方が良い。
そばの木は、カナメモチの古名ともされているが、ブナの木をいうのが妥当である。

そばの木の別名・類語

ブナの古名

ブナ/ブナの木/シロブナ/そばぐり

カナメモチの古名

カナメモチ/アカメモチ/アカメノキ/カナメガシ/カナメノキ

TOP