慌てふためく/あわてふためく

意味

慌てふためくとは、思いがけない出来事に落ち着きを失う。

慌てふためくの語源・由来

慌てふためくは、「慌て」と「ふためく」からなる語。
「ふためく」は「ばたばたとを立てる」意味の「はためく」が転じた語である。
「ふためく」の形が現れたのは平安末期で、「音を立てる」の意味から派生し、「ばたばた騒ぐ」「慌てる」の意味でも使われるようになった。
鎌倉時代に入り、「ふためく」の類語である「慌てる」の古語「あわつ」と結びついて、「慌てふためく」の語が生まれた。

慌てふためくの類語・言い換え

狼狽する/うろたえる/周章狼狽する/慌てる/大慌てする/焦る/ふためく/驚き慌てる/面食らう/あたふたする/おたおたする/まごつく/まごまごする/とちる/どまぐれる/うすすく/いすすく/騒ぐ/惑う/動転する/気が動転する/パニくる/パニックに陥る/テンパる/取り乱す/落ち着きを失う/冷静さを失う/平静を失う/平常心を失う/泡を食う/度を失う/色を失う/浮き足立つ

TOP