イワシ/鰯/いわし

いわしの意味

いわしとは、ニシン目ニシン科のマイワシ、ウルメイワシ、カタクチイワシなどの200種以上の総称。日本では上記3種をいう。

いわしの由来・語源

いわしは、すぐに死んでしまう弱い魚であることから、「弱し(よわし)」が転じたとする説が有力である。
漢字の「鰯」は魚編に「弱」で、この魚が弱いことを表しており、「鰯」の表記が見られるのも平安時代からで古い。
また、ハ行転呼音の以前から、「弱し」も「いわし」も第二音節が「ワ」で一致する。
ただし、第一音節の「ヨ」から「イ」への音韻交替は、いわし以外に例がない。
その他、いわしの語源には、いやしい魚であることから「いやし」が転じたとする説もある。

【関連リンク】
イワシの栄養・効能、選び方、保存方法、旬の時期
イワシのカロリー・栄養成分表
イワシを使ったレシピの一覧

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。