春一番/はるいちばん

意味

春一番とは、立春後、初めて吹く強い寄りの。風速8m/s以上。日本海に低気圧が発達すると起き、気温が急上昇する。

春一番の由来・語源

春一番は、古くから石川県能登地方三重県志摩地方より西の地方で船乗りが使っていた言葉が、気象用語として使われるようになったもの。
船乗りが「春一番」と呼ぶようになったのは、強風による漁師の遭難に由来するという。
それは、安政6年(1859年)3月17日(新暦)、長崎県五島沖に出た漁師53名がの強風に遭い、全員遭難してしまった。
そこから、長崎県郷ノ浦町の元居地区では、春に初めて吹く強い風を「春一」や「春一番」と呼ぶようになったというものである。
郷ノ浦町内の岬には、「春一番の塔」が建てられている。


TOP