出刃包丁/でばぼうちょう

出刃包丁の意味

出刃包丁とは、和包丁の一。刃幅が広く、峰が厚くて重い、先のとがった包丁をおろしたりするのに用いる。出刃。

出刃包丁の由来・語源

出刃包丁は、元禄の時代、大坂の堺で作られたものである。
出刃包丁の語源は、開発した堺の鍛冶職人が出っ歯であったため、「出っ歯の包丁」の意味で「出歯包丁」と呼ばれ、刃物なので「歯」に「刃」が当てられて「出刃包丁」になったとする説が通説となっている。
その他、普通の包丁に比べ分が厚く鋭いことから、「刃が出ている」という意味で「出刃包丁」になったとする説もある。
ただし、これらの語源が証明できる文献はなく、出刃包丁の正確な語源はわかっていない。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。