栞/枝折り/しおり

    意味

    しおりとは、の読みかけのところに挟んで目印とする、や紙片など。案内書。手引き。

    しおりの由来・語源

    しおりは、動詞「枝折る(しおる)」の連用形が名詞化された語。
    「しおる」とは、山道などを歩く際、迷わないようにの枝を折って道しるべとする動作のことで、そこから道しるべを「しおり」と言うようになった。
    さらに意味が転じ、書物の間に挟んで目印とするものや、案内書などを「しおり」と言うようになった。
    枝折るは「草木をたわめる、しなわせる」という意味の「撓る・萎る(しおる)」と同一語源と考えられ、漢字の「枝折る」や「枝折り」、また「栞」は全て当て字である。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。