八宝菜/はっぽうさい

意味

八宝菜とは、中国料理の一種。豚肉・エビイカ・椎茸・木耳・たけのこ・人参・白菜・ピーマン・ヤングコーン・うずらなど多くの材料をで炒めて味付けし、片栗粉でとろみをつけたもの。

八宝菜の語源・由来

八宝菜の「八」は、8種類という意味ではなく、数が多いことを表す。
「菜」は「おかず」や「料理」のことで、八宝菜は「たくさんの宝を集めて作ったように美味しいおかず」を意味する。
八宝菜をの上にかけたものは「中華丼」と呼び、日本発祥の料理である。
上海料理には「八宝飯」という料理があるが、八宝飯はもち米を使ったデザートの一種で、中華丼とは全く異なる。

八宝菜の別名・類語

パーパオツァイ/五目うま煮/中華風五目うま煮/中華丼/チャプスイ

TOP