鬼/おに

意味

鬼とは、の形をしているが、角(つの)や牙(きば)を持ち、超自然的な力を有する想像上の怪物。

鬼の由来・語源

中国では「魂がを離れてさ迷う姿」「死者の亡霊」の意味で、「鬼」の字が扱われていた。
日本では奈良時代に「鬼」の字が使われているが、魔物や怨霊などを「物(もの)」や「醜(しこ)」と呼んでいたため、この字も「もの」や「しこ」と読まれていた。
「鬼」が「おに」と読まれるようになったのは平安時代以降で、『和名抄』には、姿の見えないものを意味する漢語「隠(おん)」が転じて、「おに」と読むようになったとある。

【関連リンク】
「赤鬼」「青鬼」「黄鬼」「緑鬼」「黒鬼」の違い
「人魚の数え方」と「鬼の数え方」の違い


TOP