皮/革/かわ

意味

皮とは、動植物のや身を覆い包んでいるもの。表皮。物・物事の中身を覆い包んでいるもの。
革とは、獣類のを取り除き、なめした皮。

皮の由来・語源

革は皮から作られるもので、「皮」と同源。
皮の語源は諸説あるが、大きく分けると、二通りの説になる。
ひとつは、表面を包むものなので「外側」の「かは(側)」とする説。
もうひとつは、の上に被るものなので、「か」は「かぶる(被る)」の意味か、「上」を意味する言葉に多く付く「か」で、「わ」は「はだ(肌)」の意味の説。
「かわ」の旧かなは「かは」なので、両説とも不自然ではなく、意味としても説得力があり決めがたい。

漢字の「皮」は、動物の毛皮をで被せるさまを表した会意文字で、「のついた動物のかわ」+「又(手)」である。
「革」の漢字は、動物の全身の皮をピンと張ったさまを描いた象形文字で、上部は頭、下部は尻尾と両足を表している。
「改革」や「革命」など、「革」は改める意味でも使われるが、これは、たるんだものをピンと張って改める意味からきている。

【関連リンク】
「皮」「革」「皮革」の違い


TOP