川口市/かわぐちし

意味

川口市とは、埼玉県の南東部に位置する市。成立は昭和8年。

川口市の語源・由来

川口市は、1933年(昭和8年)、北足立郡川口町・青木村・横曽根村・南平柳村の4町村が合併して発足した市。
市名は町名「川口町」に由来し、近世の宿名「川口宿」に基づく。
川口は「川の合流点」のことで、荒川(旧入間川)と芝川の合流点にあたることからの名。
『義経記』には、治承4年(1180年)、源義経が頼朝の挙兵に加わるため「武蔵国足立郡小川口」に着いたと記されており、元は「小川口」だったようである。

川口市のシンボル

市のサザンカ
市の:テッポウユリ

埼玉県の市区町村名

さいたま市/さいたま市西区/さいたま市北区/さいたま市大宮区/さいたま市見沼区/さいたま市中央区/さいたま市桜区/さいたま市浦和区/さいたま市南区/さいたま市緑区/さいたま市岩槻区/川越市/熊谷市/行田市/秩父市/所沢市/飯能市/加須市/本庄市/東松山市/春日部市/狭山市/羽生市/鴻巣市/深谷市/上尾市/草加市/越谷市/蕨市/戸田市/入間市/朝霞市/志木市/和光市/新座市/桶川市/久喜市/北本市/八潮市/富士見市/三郷市/蓮田市/坂戸市/幸手市/鶴ヶ島市/日高市/吉川市/ふじみ野市/白岡市/伊奈町/三芳町/毛呂山町/越生町/滑川町/嵐山町/小川町/川島町/吉見町/鳩山町/ときがわ町/横瀬町/皆野町/長瀞町/小鹿野町/東秩父村/美里町/神川町/上里町/寄居町/宮代町/杉戸町/松伏町

TOP