所沢市/ところざわし

意味

所沢市とは、埼玉県の南部に位置する市。成立は昭和25年。

所沢市の語源・由来

所沢の由来は、ヤマイモ科の「トコロ(野老)」の沢地のことと考えられている。
これは、京都の僧侶 道興准后が『廻国雑記』という紀行の中で、所沢の観音寺(現在の新光寺)でもてなしを受けた感慨を「野遊のさかなに 山のいもそへて ほりもとめたる 野老沢かな」というで残しており、所沢の名前が出てくる最も古い資料だからである。
その他、所沢の由来には、「ところ」が「高くなった所」のことで、高くなったところを流れる細流を表した地形由来説もある。

所沢市のシンボル

市のイチョウ
市の:茶の
市のヒバリ

埼玉県の市区町村名

さいたま市/さいたま市西区/さいたま市北区/さいたま市大宮区/さいたま市見沼区/さいたま市中央区/さいたま市桜区/さいたま市浦和区/さいたま市南区/さいたま市緑区/さいたま市岩槻区/川越市/熊谷市/川口市/行田市/秩父市/飯能市/加須市/本庄市/東松山市/春日部市/狭山市/羽生市/鴻巣市/深谷市/上尾市/草加市/越谷市/蕨市/戸田市/入間市/朝霞市/志木市/和光市/新座市/桶川市/久喜市/北本市/八潮市/富士見市/三郷市/蓮田市/坂戸市/幸手市/鶴ヶ島市/日高市/吉川市/ふじみ野市/白岡市/伊奈町/三芳町/毛呂山町/越生町/滑川町/嵐山町/小川町/川島町/吉見町/鳩山町/ときがわ町/横瀬町/皆野町/長瀞町/小鹿野町/東秩父村/美里町/神川町/上里町/寄居町/宮代町/杉戸町/松伏町

TOP