薩摩揚げ/さつまあげ

    意味

    薩摩揚げとは、魚肉のすり身を味付けしてで揚げた魚肉練り製品。刻んだ野菜を加えたものもある。

    薩摩揚げの由来・語源

    薩摩揚げの「薩摩」は、現在の鹿児島県西部にあたる薩摩地方のこと。
    薩摩地方の名産であることから、主に関東地方で「薩摩揚げ」と呼ばれるようになった。
    鹿児島では「薩摩揚げ」を「つけあげ」と言い、関西では「天ぷら」と言う。
    その他、地方によって「はんぺん」や「揚げはん(ぺん)」などとも呼ばれる。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。