サザンカ/山茶花/さざんか

    意味

    サザンカとは、ツバキ科の常緑小高木。山地に自生。観賞用としても栽培される。

    サザンカの由来・語源

    サザンカは、中国語でツバキ科のを「山茶」と言い、そのを「山茶花」と称したことに由来する。
    「山茶」と呼ばれる由来は、がお茶のように飲料となることから、「山に生える茶の木」の意味である。
    日本では中世に「山茶花」の名が現れ、当時は「サンザクヮ(サンザカ)」と文字通りの発音であったが、倒置現象によって、江戸中期頃から「サザンクヮ(サザンカ)」となった。
    古く「山茶花」は「ツバキ」と同じ意味の漢語として扱われ、『日葡辞書』でも「ツバキと呼ばれる木の花」と解説されていたが、江戸時代に入り、現在でいう「サザンカ」を指すようになった。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。