ニンニク/大蒜/葫/にんにく

    意味

    にんにくとは、ユリ科の多年草。全体に強い臭気がある。鱗茎は大きく数個の小鱗茎に分かれ、食用・強壮薬・香辛料などに用いる。ガーリック。

    にんにくの由来・語源

    にんにくの語源には、「匂悪・匂憎(においにくむ)」の略や、「香匂憎(かにおいにく)」の意味など諸説あるが、仏教用語の「忍辱(にんにく)」を語源とする説が有力である。
    忍辱は、侮辱や苦しみに耐え忍びを動かさないことを意味し、その修行は「忍辱波羅蜜」という。

    仏教では、「ニンニク」「ニラ」「ネギ」「ラッキョウ」「ノビル」など、臭気の強い五種の野菜を「五葷(ごぐん)」「五辛(ごしん)」と言い、これを食べると情欲・憤怒が増進する強情食品として、僧侶たちは食べることが禁じられたいた。
    五葷のひとつである「にんにく」を、僧侶たちが隠し忍んで食べたことから、「忍辱」の語を隠語として用いたとされる。
    にんにくの語源を「忍辱」とする中には、僧侶が修行に耐えるため、強力な匂いに耐え食したことからとする説もある。
    しかし、食べることが禁じられていたことに反するため、これは「忍辱」の説から派生した誤解釈と考えられる。

    にんにくの漢字「大蒜」の本来の読みは「おおひる」で、「蒜(ひる)」は「ニンニク」「ネギ」「ノビル」など、ユリ科の多年草で食用となるものの古名である。
    また、古くは「蒜」が「葫」と表記され、「にんにく」の意味として用いられていた。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。