アブラギリ/油桐/あぶらぎり

アブラギリの意味

アブラギリとは、トウダイグサ科の落葉高木。中国原産。暖地に自生する。有毒。毒荏(どくえ)。

アブラギリの由来・語源

アブラギリは、種子からをしぼり、が桐に似ていてることから、この名がある。
種子からしぼった油は「桐油(とうゆ)」と呼び、灯料や油紙にされる。
また、アブラギリの材は、「山桐(やまぎり)」と称して箱や下駄などの材料にする。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。