みっともない

    意味

    みっともないとは、体裁が悪い。見苦しい。

    みっともないの語源・由来

    みっともないは、中世に使われた「見たくもなし」がウ音便化されて「見たうもなし」となり、「見とうもない」「見ともない」と変化した。
    近世後期、さらに促音が挿入されて「みっともない」となった。
    みっともないの語系には、「みたむない」「みとむない」「みっとむない」などもあった。
    本来は、文字通り「見たくない」の意味であったが、「見たくもないほど見苦しい」を意味するようになった。
    そこから更に派生し、自らの行いに対しても「見苦しい」「体裁が悪い」の意味で、「みっともない」を使うようになった。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。