香典/こうでん

意味

香典とは、仏式の葬儀で死者の霊前に供える金品。香料。

香典の由来・語源

香典は、本来「香奠」と書く。
「香奠」の「香」は文字通り「香(線香)」のことで、「奠」は「供える」「まつる」の意味。
香典の元々の意味は、仏前に香を供えることであった。
それが現代では、香の代わりに現金が香典が渡されるようになったのである。
また、葬儀などにかかった費用よりも香典が多く、余りが出た場合には、香典返しとして返したり、寺に寄進されていた。
現代ではそれが慣例となっており、余った金額に関係なく、香典の額に応じた品物(1/3~半額程度)を返すようになっている。


TOP