西施乳/せいしにゅう

意味

西施乳とは、フグの別名。

西施乳の語源・由来

西施とは、中国春秋時代末期の越の国の美女のこと。
美しい薔薇には棘がある」と言うように、甘くておいしいフグも毒を持っていて怖いところから、フグの白子を美しい西施の乳にたとえて「西施乳」と呼ぶようになり、フグの別名となった。

美味を西施の美しさにたとえたものには、他に「タイラギ」をいう「西施舌」があり、美女として有名な楊貴妃の乳にたとえたものには、「牡蠣」をいう「太真乳(「太真」は「楊貴妃」のこと)」もある。
ただし、「西施乳」は日本でもフグの別名として使われているが、「西施舌」や「太真乳」の使用例は見られない。

西施乳の別名・類語

ふぐ/ふく/ふくべ/ふぐと/かとん/がんば/鉄砲/毒魚/ふぐ料理てっさふぐ刺し/フグ刺身てっちりふぐちり/ふぐちり鍋

TOP