血で血を洗う/ちでちをあらう

意味

血で血を洗うとは、殺傷に対して殺傷で対処する。また、血族同士で争い合うことのたとえ。

血で血を洗うの語源・由来

血で血を洗うと、ますます汚れるところから、暴力に対して暴力、殺傷に対して殺傷で報復することを意味する。
この「血」を「血縁」の意味と解釈し、のちに、血族同士で争うことのたとえとしても用いるようになった。

血で血を洗うは、『旧唐書―源休伝』のに出てくる、ウイグル族の王の言葉に由来する。
8世紀中国の唐王朝がウイグル族と争いになり、ウイグルの王の叔父を殺してしまった。
唐の使者 源休が、その遺体を王のもとへ届けたところ、王は「お前を殺すのは、血を以て血を洗うようなもので、ますます汚れがひどくなるだけだ」と言って、源休を殺さずに帰らせた。

血で血を洗うの類語・言い換え

殺傷に対する血で血を洗う

血を以て血を洗う/血が血を洗う/血を血で洗う/同害報復/同害復讐/目には目を歯には歯を/売り言葉に買い言葉/泥仕合/抗争/殺し合う/バトルロワイヤル/死闘/激しい争い/激しい闘争/鍔迫り合い

血族同士の血で血を洗う

骨肉の争い/骨肉相食む/兄弟牆に鬩ぐ/豆を煮るに豆殻を炊く/同属嫌悪/近親憎悪/お家騒動/内輪揉め/内ゲバ/仲間割れ

関連リンク

TOP