十六夜/いざよい

十六夜の意味

十六夜とは、陰暦16日。また、その夜。陰暦8月16日の夜。また、その夜の。じゅうろくや。

十六夜の由来・語源

いざよいの語源は、「ためらう」「躊躇する」を意味する動詞「いざよう」の連用形が名詞化したもの。
陰暦16日の月の出は、15日(十五夜)の満月の月に比べてやや遅いところから、月がためらっていると見立て、「十六夜」と書いて「いざよい」と言うようになった。
上代に「いざよう」は「いさよう」と清音で、「十六夜」も上代には「いさよい」と清音であった。

「十六夜」の類語・言い換え

1

2

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。