ツメクサ/爪草/つめくさ

意味

ツメクサとは、ナデシコ科の一年草または二年草。道端などに生え、からにかけ、小さい5弁のを開く。

ツメクサの語源・由来

ツメクサは、細長く先が尖ったの形が、に似ていることからの名。
切った人間の爪に見立てたとする説もあるが、別名に「タカノツメ」があり、鷹や鷲などの猛禽類の爪に見立てたと考えて間違いない。

マメ科のシロツメクサも「ツメクサ」と呼ばれるが、漢字では「詰草」と書き、語源も異なる。

ツメクサの別名・類語

タカノツメ/ヒヨコグサ/スズメグサ/ホタルグサ

TOP