かやくご飯/加薬御飯/かやくごはん

    意味

    かやくご飯とは、主に関西でいう、五目。加薬飯(かやくめし)。

    かやくご飯の由来・語源

    かやくご飯の「かやく」は、「火薬」ではなく「加薬」と書き、本来は漢方薬の効果を高めるために補助的なを加えることや、その薬をいう漢方の用語である。
    その補助的な意味から、五目飯やうどんに入れる具(主材料を引き立たせる副材料)を「かやく」と言うようになり、五目飯を「かやくご飯」と呼ぶようになった。
    食物に添え、料理の味を引き立たせる香辛料も「かやく」と言っていたが、現在では「薬味」と呼ぶことが多い。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。