シャクヤク/芍薬/しゃくやく

芍薬の意味

芍薬とは、ボタン科の多年草。アジア大陸北東部の原産。初夏、大形のボタンに似たを開く。顔佳草(かおよぐさ)。

芍薬の由来・語源

芍薬の「芍」は、「鮮やか」「はっきり目立つ」「抜きん出て美しい」という意味。
「薬」は文字通り、薬草として用いたことに由来する。
つまり、芍薬は「抜きん出て美しい薬草」の意味からついた名前である。
日本には古く中国から渡来し、消炎薬や鎮痛薬などの薬草として利用され、のちに観賞用としても栽培されるようになった。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。