面倒くさい/面倒臭い/めんどうくさい/めんどくさい

面倒くさいの意味

面倒くさいとは、非常にわずらわしい。大変厄介だ。

面倒くさいの由来・語源

面倒くさいは、明治後期から見られる語で、わずらわしい意味の「面倒」に、程度が甚だしいことを表す接尾語「くさい(臭い)」が付いた言葉である。
「面倒」は名詞で「世話」の意味もあるが、「面倒くさい」は形容詞で「世話」の意味はない。
「めんどくさい」は、「めんどうくさい」が略されたものである。
「面倒」を「めんど」と言うのは、「面倒くさい」を言う時に限っていたが、近年、「しんどい」を「しんど」と言うように、吐き捨てた言い方で「めんど」を使う例も見られるようになってきた。

【関連リンク】
「煩わしい」「面倒」「厄介」の違い

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。