心配/しんぱい

意味

心配とは、事の成り行きなどが気になり、思いわずらうこと。気がかり。気にかけて世話すること。

心配の語源・由来

心配は「心配り」を音読して作られた和製漢語で、江戸時代から使われ始めた。
を配る意味から、気にかける意味となり、気がかりで思い煩うことも意味するようになった。
気がかりで「心を支配される」の意味から、「心配」になった訳ではない。

心配の類語・言い換え

先行きなどを気にかける心配

不安/気がかり/気遣い/気扱い/気苦労/気遣わしい/回り気/思案/物思い/物案じ/物嘆き/愁思/煩慮/悩ましい/心痛/心労/心がかり/心苦しい/生心苦し/心もとない/後ろめたい/辛気病み/痛心/心細い/悩み/懸念/危惧/危懼/恐れ/虞/顧念/気骨/患/介意/鬼胎/権輿/憂慮/杞憂/憂心/取り越し苦労/杞人の憂え/憂い/憂え/深憂/煩憂/頭痛/頭が痛い/病/病む/煩い/疑懼/疑惧/思い過ごし/深読み/積鬱/同憂/後憂/後顧の憂い/心の氷/通患/宸憂/ひやひや/ハラハラ

心を配って面倒を見る心配

配慮/配意/顧慮/思いやり/心配り/心遣い/心ばえ/心馳せ/心入れ/心用い/心づくろい/心置き/気配り/気遣い/気扱い/気骨/顧み/細心/高配/高慮/面倒厄介世話老婆心/老婆心切/婆心/献身/献身的

心配するの類語・言い換え

先行きなどを心配する

意とする/思い憚る/思い悩む/思いやられる/気にする/気にかける/気にかかる/気になる/気に病む/気を砕く/思い煩う/案じる/案ずる/心を砕く/心気を砕く/心を置く/心を痛める/心細がる/顧みる/恐れる/鬼胎を抱く/憂える/肝膾を作る/頭が痛む/頭を痛める/頭を抱える/胸を痛める/煩う/苦にする/苦に病む/構う/疑う/危ぶむ/勘ぐる/他人の疝気を頭痛に病む/人の疝気を頭痛に病む/隣の疝気を頭痛に病む/固唾を呑む

親身になって心配する

思いやる/気を配る/気を砕く/心を配る/心を使う/心ばむ/心を尽くす/心を砕く/心気を砕く/心を置く/案じる/案ずる/構う/面倒を見る/世話を焼く/世話をかく

関連リンク

TOP