カザグルマ/風車/かざぐるま

カザグルマの意味

カザグルマとは、キンポウゲ科の蔓性多年草。山地に自生する。5~6月頃、枝端にまたはをつける。クレマチス

カザグルマの由来・語源

カザグルマは、が吹くと回る玩具の「風車」に似た花をつけることから、この名前で呼ばれるようになった。
現在では「カザグルマ」が正式名となっているが、1712年成立の図入り百科事典『和漢三才図会』には「風車草 本名未詳」とあることから、江戸時代には俗称として扱われていたようである。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。