定石/定跡/じょうせき

意味

定石(定跡)とは、物事を行うとき、一般に最善とされる方法や手順。

定石/定跡の由来・語源

定石は囲碁の言葉で、ある局面で最善とされる一定の打ち方をいい、現代ではオセロでも同様の意味で用いられる。
定跡は将棋で、最善とされる一定の指し方のことで、将棋はではなく駒を用いるため「定石」を「定跡」と表記するようになった。
これら囲碁や将棋で用いる意味から、物事を行う際に最も良いとされる決まったやり方を「定石(定跡)」と言うようになった。


TOP