カミキリムシ/天牛/かみきりむし

    意味

    カミキリムシとは、甲虫目カミキリムシ科の昆虫の総称。は細く、長い触角をもつ。発達したあごは頑丈で鋭い。

    カミキリムシの由来・語源

    カミキリムシは、「噛み切り」「紙切り」「髪切り」の三通りが考えられる。
    の枝を噛み切ることから「噛み切り」の意味と思われがちだが、「髪切り」が正しい。
    カミキリムシは、漢字で「天牛」のほか「髪切虫(髪切り虫)」とも書き、別名を「毛切り虫」とも言う。
    平安末期の漢和辞書『類聚名義抄』では、「カミキリムシ」の「カミ」と「」のアクセントも一致しているため、「髪切り」の意味で間違いない。
    また、平安中期の辞書『和名抄』には「齧髪虫」とあり、はカミキリムシが髪を齧る(かじる)虫と見られていたことが分かる
    漢字の「天牛(てんぎゅう)」は、カミキリムシの中国名で、長い触覚をの角に見立てた名前である。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。