太公望/たいこうぼう

    意味

    太公望とは、釣りをする。釣り好きな人。

    太公望の由来・語源

    太公望は、周代の政治家であった呂尚(りょしょう)の別名「太公望」に由来する。
    出典は、中国の『史記(斉世家)』。
    呂尚は大変な釣り好きで、渭水(いすい)という川で釣りをしていた。
    そこへ周の文王が訪れ、「我が太公(周の祖)が望んでいた賢人だ」と言って見いだされた。
    このことから呂尚は、「太公望」と呼ばれるようになった。
    この故事から、呂尚にちなんで、釣り人や釣り好きな人を「太公望」と呼ぶようになった。

    「太公望」の類語・言い換え

    1

    2

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。