茣蓙/蓙/ござ

    意味

    ござとは、い草の茎で編んだ敷物。うすべり。ござむしろ。

    ござの由来・語源

    貴人の座るところを「御座(ござ)」と言った。
    そこに敷かれるを「御座畳(単に「御座」とも)」と言い、座ったり寝たりするのに用いるむしろを「御座筵(ござむしろ)」と言うようになった。
    その「ござむしろ」の略が、「ござ」である。

    漢字の「蓙」は、草冠と「座」からなる会意兼形声文字で国字。
    「茣」は、ヨモギに似たの名を表す。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。