袖にする/そでにする

    意味

    袖にするとは、親しくしていた、特に異性を冷淡にあしらう。おろそかにする。すげなくする。

    袖にするの由来・語源

    袖にするには以下の通り多くの説があり、正確な語源は分かっていない。
    1.袖にを入れたまま、何もしないという意味から。
    2.着物の袖は身頃の左右にある付属物で、その袖のように扱うことから。
    3.袖を振って追い払うことから。
    4.着物の袖が動くと邪魔になり、邪魔者扱いする意味から。
    5.舞台の左右の端を「袖」といい、客席からは見えず主要な場所ではないことから。
    6.袖は身と分かつもので、「袖を分かつ」「袂を分かつ」というように、人と別れること、関係を断つことを意味することから。
    「袖にする」の同意句には、「袖にあしらう」「袖になす(なる)」がある。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。