サギ/鷺/さぎ

サギの意味

サギとは、ペリカン目サギ科のの総称。くちばし・首・が細長い。水辺に生息する。

サギの由来・語源

サギの語源には、が白いことから「サヤケキ(鮮明)」の意味。
鳴き声が騒がしいことから、「サヤギ(騒)」の意味。
「サケ(細毛)」や「サケ(白毛)」など、羽毛に由来する説。
「キ(ギ)」は「トキ」「シギ」などと同じく「鳥」を意味する接尾語、「サ」が「」を表し、「白い鳥」の意味。
水辺の鳥なので、「イサ(磯)」に「キ(鳥を表す接尾語)」が付いたとする説がある。

漢字の「鷺」は、「鳥」+音符「路」からなる形声文字。
「路」は「露(透き通る白いつゆ)」に通じ、「鷺」は「透き通るように白い鳥」を表す。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。