千葉市/ちばし

意味

千葉市とは、千葉県中央部に位置する市。千葉県の県庁所在地。政令指定都市。成立は大正10年。

千葉市の由来・語源

千葉は、『和名抄』に「下総国千葉郡千葉郷」と見えるのが古い
明治6年(1873年)、木更津県と印旛県が廃止され千葉県が誕生した際、千葉町に県庁が置かれた。
明治22年(1889年)、千葉町・寒川村・登戸村・千葉寺村・黒砂村が合併し、町制施行で千葉町となり、大正10年(1921年)に市制が施行されて千葉市となった。
都市としての歴史は、大治1年(1126年)に千葉常重が猪鼻の地に居館を築いたことから始まるが、それよりも遥かからこの地名はあり、千葉常重の姓が由来ではない。
千葉の由来詳細は、「千葉県」にて解説。

千葉市のシンボルと千葉県の市区町村名

1

2

TOP