取手市/とりでし

意味

取手市とは、茨城県の南部に位置する市。成立は昭和45年。

取手市の語源・由来

取手の地名は、江戸初期に「大鹿取手村」で見え、のちに大鹿村と取手村に分けられた。
取手は「砦(とりで)」のことで、戦国時代、当地を支配した大鹿太郎左衛門の砦に由来する地名といわれる。

取手市のシンボル

市のモクセイ、ゲッケイジュ
市のツツジフジ
市のフクロウカワセミ

茨城県の市町村名

水戸市/日立市/土浦市/古河市/石岡市/結城市/龍ケ崎市/下妻市/常総市/常陸太田市/高萩市/北茨城市/笠間市/牛久市/つくば市ひたちなか市/鹿嶋市/潮来市/守谷市/常陸大宮市/那珂市/筑西市/坂東市/稲敷市/かすみがうら市/桜川市/神栖市/行方市/鉾田市/つくばみらい市/小美玉市/茨城町/大洗町/城里町/東海村/大子町/美浦村/阿見町/河内町/八千代町/五霞町/境町/利根町

TOP