サバを読む/鯖を読む/さばをよむ

サバを読むの意味

サバを読むとは、都合のいいように、数や年齢をごまかすこと。名詞形は「鯖読み」。

サバを読むの由来・語源

サバを読むは、数字をごまかす意味として江戸時代から使われている語。
その語源は、サバは傷みやすいで、数も多かったため早口で数えられ、実際の数と合わないことから、いい加減に数を数えることを「サバを読む」と言うようになり、数やをごまかす意味に転じたとする説が定説となっている。
その他、サバを読むの語源には、小魚を早口で数えることをいう「魚市読み(いさばよみ)」から転じたとする説。
魚のサバの語源には、数の多いことを意味する「さは」から転じたとする説があることから、「サバを読む」も同源とする説がある。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。