桜肉/さくらにく

    意味

    桜肉とは、馬肉。単に「桜(さくら)」とも。これを味噌仕立てにしたり、すき焼き風にした物は「桜鍋」と言う。

    桜肉の由来・語源

    桜肉の語源は、馬肉のが桜色であるから。また、の咲く時期の馬肉は、の間にや殻類を沢山食べているため、がのって美味しいことからといわれる。
    しかし、鮮やかな桜色をしている時間は短く、時間が経ち酸化するとっぽい茶褐色になることや、刺身ではなく鍋物として食べられることが多かったため、桜色の説はやや考え難い。

    江戸時代には獣肉を食べることが禁じられており、そのままの名前で呼ぶことがはばかられた。
    そのため、を「牡丹ぼたん)」、鹿の肉を「紅葉もみじ)」と呼んでいたように、馬肉にも植物の名前をつけようとしたことが基本としてあったと思われる。
    そこに「桜」が選ばれた理由として、切ったの肉の色を関連付け、「桜肉」と呼ぶようになったと考えられる。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。