菊池市/きくちし

    意味

    菊池市とは、熊本県北部に位置する市。成立は昭和33年。

    菊池市の由来・語源

    菊池の地名は、文武2年(698年)に「鞠智(くくち)城」で見え、平安時代の『倭名類聚抄』にも「菊池」に「久々知(くくち)」の注釈があり、「くくち」が転じて「きくち」になったと考えられる。
    「くくち」の由来には「潜地」の意味、柵に囲まれた地で「含地」、高くなった所を表す「クク」に接尾語の「チ」など諸説ある。
    「菊池」は平安時代から郡名となるが、近世に「隈府」と改称され、一旦消滅している。
    明治22年、この地からやや離れたところで「菊池村」が誕生し、「菊池町」を経て「菊池市」となった。
    「菊池村」の命名は、肥後菊池氏にあやかった人名からの命名で、中世にあった「菊池」の地域とも少し離れているため直接関係するものではないが、菊池氏の名は中世の地名に由来する。

    菊池市のシンボルと熊本県の市区町村名

    1

    2

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。