カッコウ/郭公/かっこう

カッコウの意味

カッコウとは、カッコウ目カッコウ科の。全長約35センチ。日本には鳥として渡来する。閑古鳥(かんこどり)。合法鳥(がっぽうどり)。

カッコウの由来・語源

カッコウは、「カッコー、カッコー」と聞こえる、その鳴き声に由来する名前
中国では「郭公」、イギリスでは「cuckoo」、フランスでは「coucou」、ドイツでは「kuckuck」、オランダでは「koekoek」というように、この鳥は世界各地で鳴き声から命名されている。
漢字の「郭公」は中国名からだが、の日本ではカッコウを指しておらず、『万葉集』で「郭公」と表記されているのは「ホトトギス」のことで、「カホトリ」や「ヨブコドリ」と呼ばれていたのが、カッコウのことと考えられている。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。