アキレス腱/アキレスけん

    意味

    アキレス腱とは、ふくらはぎの腓腹筋(ひふくきん)・平目筋と、かかとの骨を繋ぐ太い腱。踵骨腱(しょうこつけん)。致命的な弱点。

    アキレス腱の由来・語源

    アキレス腱の「アキレス(Achilles)」は、ギリシャ神話の英雄「アキレウス(Achilleus)」のラテン語名。
    アキレスのギリシャ神話とは、アキレスが生まれて間もなく、母のテティスが冥界のステュクス河にから彼の全身を浸し、アキレスは不死身となった。
    その時、母がかかとつかんでいたため浸すことが出来ず、そこがアキレスの急所となってしまった。
    やがて、アキレスはトロイ戦争の勇将となるが、敵のパリス王子に唯一の弱点であるかかとを矢で射られて死んでしまったというものである。
    そこから、この箇所を「アキレス腱」と呼ぶようになり、致命的な弱点の意味としても用いられるようになった。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。