名刺/めいし

    意味

    名刺とは、氏名・住所・職業・身分などを印刷した小形の紙。

    名刺の由来・語源

    名刺の歴史は古く、中国では唐の時代から見られる。
    当時のものは紙ではなく、竹木を削って姓名を刻んだもので「刺」と言った。
    そこから、名札のようなものを「名刺」と呼ぶようになり、日本でもこの語を用いるようになった。
    「名札」や「名紙」ではなく、「名刺」と表記するのはそのためである。
    江戸時代以前の日本の名刺は、和紙にで手書きされたもので、印刷名刺は開国前後といわれる。

    コチラもおすすめ

    TOP
    テキストのコピーは禁止しています。