石に針/いしにはり

石に針の意味

石に針とは、効き目のないことのたとえ。

石に針の由来・語源

石に針を刺しても何も効果がないことから、効き目のないことのたとえとなった。
同様の句に「石に灸」があることから、「はり」は治療で使う「鍼」のことで、のような硬いものに鍼を刺しても、効果がないところからきたものと思われる。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。