ケショウヤナギ/化粧柳/けしょうやなぎ

ケショウヤナギの意味

ケショウヤナギとは、ヤナギ科の落葉高木。長野県の上高地、北海道の十勝・日高に分布する。

ケショウヤナギの由来・語源

ケショウヤナギは、若木の枝やが白蝋で覆われてく、おしろいを塗ったように見えることからこの名が付いた。
また、成木の小枝が晩秋からにかけて赤紫色になり、紅を塗ったように見えることも、「ケショウヤナギ」の名に影響していると思われる。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。