箸/はし

箸の意味

箸とは、食べ物を挟むのに用いる二本で一対の

箸の由来・語源

箸の語源には、「挟むもの」という意味で、その役割に由来する説。
端の方でつまむことから、「はし」になったとする説。
」や「柱」など、その形状から「はし」になったとする説。
古くは、一本の棒を折り曲げ、ピンセットのように挟んで使うもので、の嘴に似た形というところから、「嘴(くちばし・はし)」を語源とするなど諸説ある。
これら箸の語源となる語は、相互に語源として扱われており、どれかが元というわけではなく、同じ語系と考えるべきであろう。

コチラもおすすめ

TOP
テキストのコピーは禁止しています。